スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2009.06.14 Sunday|-|-|-|by スポンサードリンク|

歴史の戦名の問題

歴史の問題です。
戦名です。
多分結構広い範囲の時代の人物を出すのでお答え下さい。



/鯑曽綛弔噺綰魏賄傾弔対立し、上皇側に天皇側が奇襲を仕掛けたのがきっかけの戦い。
(  保元の乱【ほうげんのらん】  )


∧神鏡垢噺撒祖の戦い→平氏の勝利。
(  平治の乱【へいじのらん】  )


8緜傘上皇が鎌倉幕府に対して倒幕を計った戦い→幕府方勝利、京に六波羅探題が置かれ
(  承久の乱(変、合戦など) 【じょうきゅうのらん】  )


じ気梁膩海攻めてきた戦い2回戦いがあった→勝利・・・だが幕府の滅亡につながる。
(1 文永の役【ぶんえいのえき】  )+(2 弘安の役【こうあんのえき】  )=(3 元寇【げんこう】  )

※1、2は役(エキ)の名前3は1、2を合わせて


ヂ利義政の時代の内乱で10年も続いた。戦国時代に突入するきっかけの戦い。
(  応仁の乱【おうにんのらん】  )


甲斐の虎、武田信玄と越後の虎、上杉謙信の戦い→引き分けで終わる。
(  川中島の戦い【かわなかじまのたたかい】  )


Эヅ朕長が近江の武将、浅井長政と朝倉氏を討伐する戦い。
(  姉川の戦い【あねかわのたたかい】  )


┥庄糞彌─∋姐セ或予阿協力し足利義輝を暗殺した戦い→松永三好の最後の協力。
(  永禄の変【えいろくのへん】  )


三好が東大寺に陣を取り松永に襲われた戦い。東大寺炎上→歴史上2度目の炎上。
(  三好・松永の乱【みよし・まつながのらん】  )


織田信長と武田勝頼の戦い。歴史の教科書に良くある。→鉄砲が有名になる。
(  長篠の戦い【ながしののたたかい】  )


織田信長と今川義元の戦い。→織田信長の名前が全国に広がる。
(  桶狭間の戦い【おけはざまのたたかい】  )


伊達軍と連合軍による伊達政宗の父の仇討ちの戦い→敵大将・佐竹義政が殺され連合軍撤退で伊達軍勝利。
(  人取橋の戦い【ひととりばしのたたかい】  )


徳川家康と武田信玄の戦いで信玄の最後の戦→徳川家康初めての負け戦と言われている
(  三方ヶ原の戦い【みかたがはらのたたかい】  )


最上義光らと直江兼続(なおえかねつぐ)との戦い→最上勢の追撃に直江兼続が上杉軍を撤退させる。
(  長谷堂城の戦い【はせどうじょうのたたかい】  )


毛利元就と陶晴賢の戦いで中国地方がメインの戦い→策により毛利の勝利。
(  厳島の戦い【いつくしまのたたかい】  )


或ヅ朕長が明智光秀に襲われ自害。→謀反説は多数存在。
(  本能寺の変【ほんのうじのへん】  )


鵜阿寮錣じ紊裡噂鬼峺緻醒匕秀が豊臣秀吉に討たれる→光秀の三日天下など言われる。
(  山崎の戦い【やまざきのたたかい】  )


嘉豬蛎臂・徳川家康の軍勢と西軍大将・※機〔嗟輝元の戦い→天下分け目の戦い
(  関ヶ原の戦い【せきがはらのたたかい】  )

※機〔嗟輝元が大将。石田三成は戦を中心的にした人物


各狙邁塙により2階に渡って戦し豊臣滅亡の戦い→真田幸村(信繁)により家康に危機・・・勝利は徳川。
戦いは2つ書いてそれをまとめてなんとよぶか 1、2順番不順・最後はまとめて呼ぶ答え
(1 大阪冬の陣【おおさかふゆのじん】 ) (2 大阪夏の陣【おおさかなつのじん】 ) (3 大阪の陣【おおさかのじん】 )


甘形陝扮彭帖忙溶困砲茲蠅きた一揆→キリスト教廃止の戦いか・・・?
(  島原・天草一揆【しまばら・あまくさいっき】  )




☆ランク☆
0・・・D
1〜5・・・C
6〜10・・・B
11〜19・・・A
全問正解・・・S
|2009.06.14 Sunday|戦いcomments(7)trackbacks(0)|by yukimurara

松永久秀−己の野望◆鬱繕銃濃Ψ弉

 十河一存の死により、長慶は悲しんでいたが、まだまだ不幸な事が起きていた。


久秀「これで、一人三好家の有力家臣はいなくなったか・・・」
といい、笑みを浮かべる久秀。
(これからどうなるものか、楽しみだ・・・)
その後、三好義賢が和泉久米田の戦いにて戦死。
その情報も長慶に伝えたられた。
その報により、三好家は混乱。
だが、ある人物を除いて・・・。


−芥川山城−
義興「ふう、最近は三好家もばたばたしているな。」
この男は三好長慶の嫡男で足利義輝などの将軍からの公家も信望は厚かった人物である。
家臣「義興様、この機に三好家を・・・」
義興「馬鹿を言うな、こんな時だからこそ長慶様に尽くすのだ、それに・・・」
といいかけたとき奥の方から伝令がやってきた。
伝令「義興様、松永と言う男が・・・」
義興「ん?何の用だろうか・・・、まあ良い通せ。」
久秀「お久しゅうございます、義興殿。」
義興「うぬ、そうだな。ところで今日はどうしたのだ?」
久秀「実は、これからの三好家についてお話がありまして、お話をさせてもらいたいのですが」
そういうと義興の家臣を見渡した。それに気づいた義興は
義興「貴殿たちは席をはずしてくれまいか?」
家臣「しかし・・・わ、分かりました・・・」
というとこの部屋に二人きりになった。
それから数分間三好家の話の他、喋ったりしていると
義興「すまない、用を足してくる。」
といい、席をはずした。
数分後、義興は戻ってきて
義興「待たせてすまない」
久秀「いえいえ、お気になさらずに・・・」
と久秀は微妙に笑みを浮かべたが、義興は気づくよしもなかった。
その後も色々話をしたりしていたが
義興「〜三好はこのままじゃ終わる・・・ゴホッ、ゴホゴホ」
と義興は席をし始めた。すると久秀は
久秀「そうですねぇ、これでほとんど三好の有力武将がいなくなりましたから。」
義興「!?、貴様、毒を・・・!」
久秀「ハハハ、では失礼させてもらおう」
といい部屋から出て行った。
このとき、家臣たちには久秀は一芝居うち、その場をしのいだ。
この死に長慶もかなりショックを受けてしまった。
この死がその後の三好政権を大きく動かすきっかけでもあっただろう
−続く−
|2009.05.09 Saturday|戦国小説comments(0)trackbacks(0)|by yukimurara

小説を読む際の注意点

 この小説は史実を元に書いていますが、ところどころ異なる事もあります。
あんまり、信長が秀吉を討ったとかそういう事とかはありませんが
台詞、登場人物の思想など、歴史とは関係ないことも含まれています。
あらかじめご了承ください!

BASARA小説はフィクションです。
自分で考えたストーリーも書いており、BASARAのゲーム内容とは異なる事もあります。
史実とは全く関係ありません。
|2009.05.08 Friday|注意comments(0)trackbacks(0)|by yukimurara

下剋上|下克上

下剋上、下克上どちらも同じなので漢字の間違えではない。
下剋上はは鎌倉後期からはじまり、戦国時代など社会風潮であった。
弱いものが強いものにのし上がる事を指す。

               足利義輝
                  ↑下剋上
細川晴元三好長慶松永久秀
     下剋上   下剋上

この例は中学校歴史資料集などにも載っており、一番分かりやすいものでもある。
そのほかにも武田信玄が父・信虎を追放するなど表す他織田信長が足利義昭を追放するなども下剋上である。
もっと分かりやすく言えば明智光秀が織田信長に謀反を起こした事も下剋上である。
豊臣政権後は下剋上はなかったと思われる。


■BASARAの松永軍について■
戦国BASARAの松永軍が
「機を伺い、拙者もいつかは上にのし上がる!」
という台詞を言います。
ところどころ史実を取り入れたゲームで戦国時代の勉強になります。
|2009.05.08 Friday|人物comments(0)trackbacks(0)|by yukimurara

松永久秀 ― 己の野望 欅貘戸酣六故

戦国時代・・・そのときの歴史があるから現在の歴史がある。
その歴史の幕が今、開かれようとしている。


松永軍伝令「報告!報告!細川晴元様を三好長慶様が下剋上しました」
久秀は顔色を変えずに
久秀「これからは、長慶の時代か・・・」
とつぶやいた。この男こそ松永弾正久秀であり、戦国時代の悪の男である。
この頃は久秀は長慶の下で働いており、長慶の部下である。
伝令「長慶様から滝山城を任せるとの報告です」
久秀「私の才能に気づいたか、フハハハ」
そう笑うとふと
(苦しいな、だがこれもあと少しか・・・)
と考えると久秀は奥の部屋へと消えていった。

戦場
長慶「よい戦いであったぞ、久秀」
高笑いをしながら褒める長慶に対して久秀は
久秀「ありがたき幸せ・・・ところで、長慶様、1つお願いがあるのですが・・・」
長慶「なんだ、言うてみい」
久秀「多聞山城の築城を許可してもらいたい」
長慶「ほほう、良いではないか、好きにしろ、ワハハハ」
1562年に多聞山城を築城し長慶の信頼は高まった。
(そろそろだな、この苦しみも終わるのだ・・・)

ー岸和田城ー
十河軍伝令「松永久秀と名乗る男が訪ねてこられました」
一存「!? 通せ」
(妙だな、あいつとは仲が悪いはずだったが・・・)
そう考えると久秀がやってきて
久秀「お久しぶりでございます、一存殿」
一存「何の用だ?」
久秀は顔をあげ
久秀「私たちは仲が悪い、このままでは長慶様に不愉快な思いをさせてしまう。
    そこで、親交を深めるため、有馬温泉にでもいきませんか?」
一存(・・・これはいったい何の真似だ?)
一存「よかろう」
久秀「では、翌日お待ちしております・・・」
そして久秀は帰っていった。

そして翌日
有馬温泉にいる二人。
警戒しているのか、一存は兵を呼んでいた。
久秀「なかなかの温泉ですな・・・」
一存「そうだな」
会話もはずむことなく無言の時間だが久秀が一存の馬を見て
久秀「そういえば、有馬権現は葦毛を嫌っている。その馬に乗ると神罰が下るから乗らない方がいい」
それをきいた一存は
(馬鹿にしているのか、神罰など・・・!)
そう思い一存は
一存「ばかばかしい、神罰など!」
と言い、馬に乗馬。それを見た久秀は笑みを浮かべる
一存「神罰など下るわけがない・・・!?」
と言ったそのとき馬が暴れドスンという音とともに一存は落馬、死んでしまった。
この話は長慶にも届き長慶は悲しんだ。
長慶「一存が・・・馬鹿な!・・・」
しかし、長慶はまだ、これから起きる事を知るよしもなかった・・・。


ーつづくー

|2009.05.05 Tuesday|戦国小説comments(0)trackbacks(0)|by yukimurara

自己紹介

 はじめまして!yukimuraraといいます
今日からこのブログで小説や日記などを書いていきます。
是非よろしくお願いします!

プロフィール
好きな食べ物:オムライスなど
嫌いな食べ物:魚介類
好きなゲーム:戦国BASARAシリーズ(小説これに近づいてたらごめんなさいw)
好きな教科:歴史
嫌いな教科:数学、英語、理科、地理wwww
その他宣伝
戦国BASARA好きのブログ ・・・日記が主な場所です!
yukimurara裏技・攻略サイト ・・・広範囲のゲーム攻略中!情報募集中

是非よろしくお願いします!

<a href="http://blog.mypop.jp/?userid=29522" target="_blank">ブログランキング ブログセンター</a>
|2009.05.05 Tuesday|雑談comments(0)trackbacks(0)|by yukimurara
 
プロフィール サイト内検索
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ
リンク モバイル
qrcode
オススメ
戦国BASARA バトルヒーローズ
戦国BASARA バトルヒーローズ (JUGEMレビュー »)
戦国BASARAがPSPに登場!
高画質で30名の武将が使用可能!
是非、Playしてください!!
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ